ヘッダーの位置を決定するだけで、後は簡単施工。
 
建物のパターンから、ヘッダーをお決めください。
メーターBOX、湯沸器等の位置からヘッダー位置が決まれば、後は簡単な確認と選択で配管を選べます。
▲TOP
 
多様化するお客様のニーズに対応いたします。
 
ヘッダー、メイン管、分岐管の種類をお決めください。
1、ヘッダーの種類をカタログの中からお選び下さい。
2、水廻りの位置が決まれば管の種類、長さをカタログの中からお選び下さい。
3、接合継手、付帯部材をお選び下さい。
▲TOP
 
簡単な確認、選択で配管をお選びいただけます。
フリープラン、リフォームなどの配管図が出てこない時、解りにくい時などは少し長めの配管パイプを指定してください。


▲TOP
 
煩わしい手間を省ける熱融着シモクパイプシステム。
環境品質に優れた上水道管として期待される「ポリブテン管」。
 
次世代の配管材料として期待される「ポリブテン管」は分子構造内に塩素などを持たないためダイオキシンや環境ホルモン発生の心配がない部材です。
 
熱融着工法なので、管と継手が溶融一体化し、分岐工法、ヘッダー工法ともに接合部の大半を、品質的に優位な熱融着を基本としていますので信頼性の高い接合が得られます。
可とう性にすぐれ、分岐部にしか継手を要しませんので、経済的です。
 
トータルの流水抵抗が少なくなり、塩ビライニング鋼管よりワンサイズ細い管で配管できます。また、技能者が当工場にて徹底した管理のもとに検査しておりますので、安心してご利用いただけます。
 
検査済み製品を、素早く梱包しお客様に納品しております。
部材は、適用温度の範囲が広く、給水・給湯配管は同一の材質で配管できます。またウォーターハンマーのショックを管が吸収しますので、大きな音がしません。
▲TOP
 
Copyright(C)2003 by MARUKIN PIPE , LTD.