▲TOP


 
適用温度の範囲が広いので(95℃まで)、給水・給湯配管は同一の材質で配管できます。
ウォーターハンマーのショックを管が吸収しますので、大きな音がしません。
 
 
 
熱融着工法なので、管と継手が溶融一体化し、信頼性の高い接合が得られます。
可とう性にすぐれ、分岐部にしか継手を要しませんので、経済的です。
 
トータルの流水抵抗が少なくなり、塩ビライニング鋼管よりワンサイズ細い管で配管できます。
 
分岐工法、ヘッダー工法ともに接合部の大半を、品質的に優位な熱融着を基本としています。また、技能者が当工場にて徹底した管理のもとに加工しておりますので、安心してご利用いただけます。
 
▲TOP
 
JFEスチール(株)ポリブテンプレファブ指定工場
丸金パイプ三木樹脂管工場
 
 
Copyright(C)2003 by MARUKIN PIPE , LTD.